AX

雑所得 20万円 確定申告

雑所得が20万円を超えたら確定申告を

副業で確定申告が必要なのはいくらから?

【副業と雑所得】
副業をする以上、特に副業で稼いだ「所得」が年間20万円を超えた場合は、「雑所得」として税務署に確定申告をする義務が生じます。また申告することによって還付金があるため、結果としてメリットになることを知っておきましょう。

 

【副業と確定申告】
会社に副業による収入があることを知られないためには、自分で「確定申告」をすることがキーポイントになります。確定申告とは、収入、経費、所得のそれぞれの金額と内訳を申告用紙にまとめて、税務署に申告するもの。その際、必ず「住民税に関する事項」の「自分で納付」欄をチェックマークすることです。

 

【所得と必要経費】
ここでぜひ知っておきたいのは、課税対象となるのは「所得」であって、「収入」ではないということです。たとえば、ホームページを作って趣味のTシャツを販売した場合、実際の売上げが80万円あれば、この額が「収入」にあたります。けれども、その収入を得るためには、ホームページ制作費用をはじめ、材料の仕入れや通信費など、さまざまな「必要経費」がかかっています。それが25万円あったとすれば「収入80万円−必要経費25万円=所得55万円」となるわけです。そして、ここから更にいろいろな控除を引いた金額が、課税の対象になります。

 

これまで会社任せにしていた税務上の処理も、副業ワーカーとなったからには自分でやらなければなりません。どんなに面倒でもこの点はおろそかにしないようにしましょう。

アルバイト求人募集詳細は下記から↓↓↓

こちらから簡単に応募できます。 フリーワード検索欄にお探しのバイト・キーワードを入力してください。
バイトルで探す
マッハバイトで探す
フロムエー・ナビで探す
シゴトinバイトで探す

関連ページ

確定申告は白色申告と青色申告
副業・アルバイトなどをすると、所得税が発生しますが、確定申告(白色申告と青色申告)をすることにより、還付される場合が多いので、確認しておきましょう。
副業・掛け持ちバイトの面接と志望動機
社会人などの副業・アルバイトの掛け持ちの場合、面接と志望動機の対策を説明しています。
ふるさと納税 サラリーマン 確定申告
サラリーマン(会社員)のふるさと納税のやり方・方法【2016年版】を簡単に解説しております。2015年4月からふるさと納税による確定申告が不要になり、大変便利になっています。